省令準耐火建物だと何で火災保険料が安くなるの?

省令準耐火建物だと何で火災保険料が安くなるの?

 住宅金融支援機構承認
木造軸組工法による省令準耐火構造・工務店サポートセンター仕様

 登録中

 耐火性能に優れたものとして取り扱われる為、
 火災保険の料率を決定する構造級判別判定においてもT構造を適用。

 保険料例
 
 愛知県 保険金額2,000万円 35年間長期一括払い6つの補償プランの場合

 T構造(省令準耐火建物)353,660円
 H構造(通常の木造建物)770,910円

 通常の木造建物に比べて 約41万円(約54%)もお安くなります。

 但し工事単価は、UPします。