新築工事チェック(建築途中検査)

新築工事チェック(建築途中検査)

工事中のミス、手抜きを未然に防ぐ

検査員の河合は、現在 ハウスGメンの瑕疵検査員 とベターリビングで建設評価員として検査業務契約しています。

「新築工事チェック(建築途中検査)」とは

(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の「新築工事チェック(建築途中検査)」とは、建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から、また専門家の見地から、専門的に工事現場(施工)のチェックを行うものです。

「間違いのない安心できる住まいを購入したい」「プロの知識・経験を利用したい」「施工中の工事に問題がないかみてもらいたい」「欠陥住宅の心配から解放されたい」などのご要望にお応えします。

お申し込みのタイミング

このタイミングがオススメ
  • 確認申請を出す前
  • 工事請負契約のご契約前
  • 建築途中
建設中の建物

工事中のリスク・心配ごと

心配がある人、イメージ
  • 図面通りに施工されていなかった
  • 入居後に欠陥が見つかった
  • 工事が適切か自分では判断できない
  • 欠陥や施工不良に対処してくれない、ごまかされる
  • 売主や施工会社との交渉が難航する
  • 売主や施工会社の説明が本当か判断できない
  • 建物が長持ちしない
  • 補修方法が適切か判断できない
  • 建築中の建売住宅の品質がわからない
  • 注文建築の施主検査は何を検査したらいいかわからない

本サービスのメリット

  • 「欠陥住宅」「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを減らせる
  • 建物に問題がないか、専門家がチェックすることで安心感が増す
  • 売主側の主張が正しいか、ホームインスペクターが判断してくれる
  • 補修個所・改善点について売主に指摘してもらえる。
  • ホームインスペクターが同行することで、業者側の対応も違い、判断基準が明確かつ公平・公正になる
  • ホームインスペクターの知識・経験に基づく、買い手側の立場で見た報告・アドバイスを受けられる
  • ご依頼者と売主の今後の関係に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われる
  • 客観的な数値と常識的な判断で交渉を行なうため、関係を損なうことなく対応・説明を求めることが可能
  • 生活上考えうる音や臭い、設備機器類に関するアドバイスを受けられる
  • 意匠、構造、設備、防犯性など、建物の本質的な性能がわかる
  • インスペクション・データをお送りし、注意点・確認事項をご案内。
  • 住宅資産価値を保持するための、大切な履歴書として保管できる