高機能住宅設計

国産材・高気密・高断熱の高機能住宅設計

今、お住まいの家は、このような事でお困りではありませんか

排気ガス、騒音は気になるが、換気せねばと窓を開け放す。

熱帯夜は一晩中クーラーをかけ、布団をかけて寝る。

冬はこたつに丸くなり、気合を入れてはトイレに立つ。

梅雨時はジメジメ、知らぬ間に生えたカビにゾッとする。

その悩み・・・
当社の造る「国産材・高気密・高断熱」住宅で解決します

国産材

当社の造る家は国産材住宅にこだわっています

なぜ国産材住宅か?

みなさん、一般的な木造住宅の構造を知っていますか?多くは米松材、集成材でできています。米松は輸入材で安くて強度がありますが、匂いがあまりよくありません。集成材は反りが出にくく、強度が均一ですが、接着剤でくってけてあるため、シックハウス、防蟻防腐対策が特に必要になります。

みなさん、一般的な木造住宅の構造を知っていますか?多くは米松材、集成材でできています。米松は輸入材で安くて強度がありますが、匂いがあまりよくありません。集成材は反りが出にくく、強度が均一ですが、接着剤でくってけてあるため、シックハウス、防蟻防腐対策が特に必要になります。

それに対して、杉、ヒノキなどの国産材は高価ですが、木の香りがよく、日本人の肌に合い、心地いいです。また、殺菌作用があり、過信はできませんが防蟻等の免疫を備えています。杉は成長が速いので柔らかいですが、専門知識があれば、長所を引き出し耐震性の高い構造も可能です。香りが優しく、長時間いると癒され、調湿作用も抜群にいいです。日々快適に、健康に住まうために国産材住宅を推奨しているのです。当社ではとくに木曽三川の周辺で育った木を使っています。

  • 輸入材は強度はあるが匂いはよくない
  • 輸入材はシックハウス・防蟻/防腐対策が必要
  • 国産材は香りが良く、心地よい
  • 国産材は殺菌作用がある
  • 国産材は調湿作用が抜群に良い

高気密

高気密住宅って?

台所に一週間パンを放置してもカビが生えない秘密

みなさんのお宅では夏に、一週間食パンを台所においたらどうなりますか?カビが生えますよね?当社が造る家ではカビは生えないのです!!本当です。当社の施工では吸気口以外は徹底的にすき間をふさぎ、気密を高めます。そうすることで、家の隅々までしっかり換気ができ、室内の湿気が取り除かれるのです。

みなさんのお宅では夏に、一週間食パンを台所においたらどうなりますか?カビが生えますよね?当社が造る家ではカビは生えないのです!!本当です。当社の施工では吸気口以外は徹底的にすき間をふさぎ、気密を高めます。そうすることで、家の隅々までしっかり換気ができ、室内の湿気が取り除かれるのです。

結露によるカビの発生や、壁のいたみも防ぐことができます。また、冷暖房効率がよくなります。一部の建築の専門家の中には、高気密だと息苦しい、換気ができないと言われる方もいます。しかし、考えてみてください。穴が空いているホースに水を流しても途中で水がもれて、最後尾まで流れつきません。空気は目に見えませんが、すき間の多い家だと、換気しても途中で漏れて、隅々までしっかり換気できないのです。

高気密と高断熱、セットで省エネ

高気密とセットで高断熱も必要です。一日中室内の温度を快適室温に保って、無駄なエネルギーを使わないのが理想です。電気代、ガス代は値上がりする一方ですよね。当社では断熱材の性能にこだわり、土壁+ウレタン等を使用し、外部の熱の影響を受けにくく、素材の不得意部分を補い合う高性能な断熱材を使用します。省エネと快適さ、家を長持ちさせるためには高気密・高断熱は必要不可欠なのです。

丸カワ建築の気密性はどのくらい?

気密の性能

C値とは相当隙間面積のこと

C値

気密性能には各地によって省エネ基準や、気密基準があります。

  • 一般住宅【9~10c㎡/㎡】
  • 次世代省エネ基準(高気密温暖地域)【5.0c㎡/㎡】
  • 次世代省エネ基準(高気密寒冷地域)【2.0c㎡/㎡】
  • スウェーデン高気密基準【1.8c㎡/㎡】
  • カナダ高気密基準【0.9c㎡/㎡】

丸カワ建築が建てた「FPの家」の住宅性能

  • G様邸 愛知県一宮市【0.6c㎡/㎡】
  • U様邸 愛知県一宮市【0.6c㎡/㎡】
  • M様邸 岐阜県岐阜市【0.4c㎡/㎡】

かなり良い結果になっていることが分かります。

丸カワ建築の断熱性はどのくらい?

断熱の性能

Q値とは熱損失係数のこと

Q値

断熱性能にも各地によって基準があります。

  • 次世代省エネルギー基準(首都圏)【2.7 W/㎡K】
  • 次世代省エネルギー基準(札幌)【1.6 W/㎡K】

丸カワ建築が建てた「FPの家」の住宅性能

  • G様邸 愛知県一宮市【1.65 W/㎡K】
  • U様邸 愛知県一宮市【1.61 W/㎡K】
  • M様邸 岐阜県岐阜市【1.73 W/㎡K】

首都圏などの気候においては十分な数値であり、寒冷地・札幌でも高断熱と認められる基準に迫っているのが分かります。

高耐震

構造設計と構造計算

木造建築士だから出来る構造計算

約100年から150年の周期で発生している、東南海大地震を心配しています。
木造住宅の場合、性能表示・耐震等級1~3があります。

  • 耐震等級1(基準法の1倍)
安全限界震度6弱(300~400gal)
一般的な施工
  • 耐震等級2(基準法の1.25倍)
安全限界震度6弱~6強(375~500gal)
長期優良住宅
  • 耐震等級3(基準法の1.5倍)
安全限界震度6強(450~600gal)
長期優良住宅

尾張西部では、耐震等級2以上の設計施工が必要です。

液状化も心配ですね。こちらも防災マップを参考に地盤補強をします。

津波、尾張西部海部地方では心配事です。
家が流されないようにホールダン金物も必要以上の耐力設計が必要です。河口から49キロ上流で津波観測も報道されています。

補助金

長期優良住宅

最大約100万円

ゼロエネ

最大約75万円

木造建築のプロ「丸カワ建築設計」

保有資格

  • 木造建築士の資格を保有しています。
  • 一級建築士、二級建築士
  • 自前で台風・地震に耐える構造計算・構造設計が出来ます